About US

無類のラヴァーズ・ロック愛好家、ズングズング(EMPEROR)とKO(EARTH BEAT)によるラヴァーズ・ロック専門レーベル。もともとはイギリスやジャマイカなどのラヴァーズ・ロック作品の歌詞を研究する企画として、2019年6月に始まった。
日本ではあまり知られていないレゲエのサブジャンルだが、その歴史を紐解きながら、歌や演奏だけではなく、楽曲ひとつひとつの「歌詞」に着目したブログは全国各地の数少ないラヴァーズ・ロッカー並びにレコード屋界隈の間でジワジワと話題となる。2020年1月、日本でのシーン拡大を目的とし、ラヴァーズ・ロック専門の音楽レーベルを立ち上げた。

IT'S A ROMANCE PRODUCTION is a label company strictly aims to produce Lovers Rock Reggae songs. The original founding member Zunggu Zunggu(EMPEROR SOUND) and KO(EARTH BEAT SOUND) firstly launched IT'S A ROMANCE in June 2019 as a radio style program, introducing classic Lovers Rock songs to the public as well as focusing on explaining the lyrics, and the background of the Artists, Musicians, Producers, and Labels with respects.
Although Lovers Rock is not recognized as a massively popular genre in Japan, their passion for the Lovers Rock could not stop them to launch the new label "IT'S A ROMANCE PRODUCTION" in Jan 2020. It is simply because they are hoping to share its beauty of Lovers Rock with the world, and especially with YOU!

member

ZUNGGU ZUNGGU

Producer / Founder

大阪府出身在住。歳の離れた兄の影響で様々な音楽を聴いて育つ。特にレゲエ・ミュージックに 魅せられ、15歳でセレクター(※レゲエ界では“DJ”のことをこう呼ぶ)としてのキャリアをス タートさせる。
高校中退直後の初のジャマイカ渡航を経て、日本のレゲエ・シーンの第一線で活躍 するサウンド・クルー『EMPEROR』に合流。クルー内ではオールドスクール担当として、古き 良きジャマイカンミュージックを選曲しているが、中でもUK発祥の“LOVERS ROCK”というレゲ エのサブジャンルに魅せられ、集めたレコードもとうとう1000枚を突破した。彼の同ジャンルに 対する傾倒っぷりは夜な夜な行われるパーティーでのplayや、ミックスCDのリリースのみに留まらず、キャロル・トンプソンのアルバム『Sings Phyllis Dillon』のライナーノーツ執筆や、ドキュ メンタリー映画 『THE STORY OF LOVER'S ROCK』の上映会にてトーク・ショーへの参加など、様々なアプローチでここ日本における“LOVERS ROCK普及活動”に尽力している。
近年では 『It's a Romance』というラヴァーズ・ロックの歌詞和訳サイトを立ち上げ、また同名の音楽レー ベルより実力派日本人アーティストを起用した、上質な国産ラヴァーズ・ロックのプロデュースを開始。その“LOVERS ROCK愛”は留まることを知らない...。
まるで朴訥(ぼくとつ)な紳士を ダンスに誘う淑女のように、彼は今日も優しいまなざしで夜な夜な名盤に針を落とす。世界中の恋 人たちをロック(LOVERS ROCK)させるために。

Influenced by his elder brother who was very much into black music, Zunggu Zunggu started his carrier as a selector(DJ) when he was only 15. His passion for Reggae music could not stop him to quit High School, that he eventually moved to Jamaica right after. When he returned home, he joined the Sound System called "EMPEROR" which is well recognized all over the world especially in Sound Clash scene. Zunggu Zunngu is playing the part of selecting old school music as a member. From young age, he has been especially fascinated by Lovers Rock originated in UK and his love of this genre led him collecting thousands and thousands of Lovers Rock songs. He has contributed to Lovers Rock scene in Japan by writing the liner notes for CARROLL THOMPSON's new album "SINGS PHYLLIS DILLON" as well as attending in the viewing party at Osaka, for the film called "THE STORY OF LOVERS ROCK (filmed by Menelik Shabazz)" to provide a speech.

KO

Producer / Founder

1989年大阪出身、横浜在住。家族の影響でソウルやディスコ・ヒップホップなどの音楽を聴いて育つ。14歳で渡英し20歳の時に帰国するまでの間、現地でブラック・ミュージックの影響を強く受け、特にレゲエへ傾倒することとなる。 帰国直後にセレクターとしてのキャリアをスタートさせ、レゲエを軸としつつ様々なジャンルの楽曲をセレクトするのが得意なEARTH BEATへ所属。 キャロル・トンプソンやココ・ティーなどの海外アーティスト来日イベントにてMCを務めたり、 ASWADの元ヴォーカル兼ギターリストであるブリンズレー・フォードのインタビューを担うなど、日本のレゲエ・シーンを支えてきた。また、2019年には自身が所属するEARTH BEAT RECORDSからキャロル・トンプソンを起用してアレサ・フランクリンのカバー作 "ONE STEP AHEAD"のプロデュースに携わった。 楽曲の良さを更に深く知って貰いたいと思ったことがきっかけで、その感動を分かち合うべくIt's a Romanceの番組にてラヴァーズ・ロックを専門とした楽曲の歌詞和訳をしている。どんな楽曲でも彼のマジックにかかれば、新たな発見をもたらす一 曲になるだろう。

Being brought up with influence of his family's love for Soul, Disco, Hip Hop, there's no surprise that KO was fascinated by Black Music, especially Reggae, when he moved to UK at age of 14. He returned home when he turned to 20, and started his career as a Selector by joining the member of EARTH BEAT SOUND. Through his career, he has contributed to Reggae scene in Japan by welcoming CARROLL THOMPSON and COCOA TEA in Japan tour, as well as interviewing BRINSLEY FORDE, an ex member of ASWAD, when he visited Japan for a tour. Furthermore, KO has deeply involved himself in producing CARROLL THOMPSON's "ONE STEP AHEAD" which was released in 2019 from EARTH BEAT RECORDS.