Artists

Bisca

レゲエ激戦区である大阪で経験を積み、アンダーグラウンドのステージから、御堂筋パレードやショッピング・モール、関西のみならず全国各地でライブを重ね、数々のコンピレーション・アルバムやミックスCDに参加。2012年にジャマイカやアメリカ(LA・NY)に渡りヴォイス・トレーニング、ライブ経験を経て、より一層ビスカとしての音楽性を深める。
2014年「RR STUDIO」からリリースしたファースト・シングル『ずっともっと feat.弁慶』がiTunesレゲエ・チャート初登場2位を獲得。その後もリリースを続け、2018年にリリースしたファースト・アルバム『BISCA』はiTunesレゲエ・チャート1位を獲得。
その小さな身体からは想像がつかない声量と、疲れた心を洗うような歌声、愛のあるリリックスで老若男女問わず幅広い支持を集めている。

Bisca has been diligently building her singing career in Osaka Japan, known as the most popular and challenging place for Reggae scene. In 2012 she visited Jamaica and USA(LA, NY) to polish up her singing skills. Through the experiences of trainings and stage shows in such countries, she acquired deeper sense and essence of black music.
Bisca proved her effort by earning Japanese Reggae Top Charts in iTunes multiple times. She gained her reputation with her voice which is powerful but tender at the same time.

Frankie Paris

10代の頃にダンスホール・クラシックに魅了され、歌い手としてのキャリアをスタートさせる。 そんな彼女が特に惚れ込んだもの、それは英国産のレゲエ・ミュージックだった。古いものから新しきを知る、そんな文化が根付いたイギリスから多くの影響を受けており、彼女の音楽スタイルに色濃く反映されていると言えるだろう。立ち振る舞いやファッションからも伝わってくるように、固定概念やジャンルに囚われない自由でユニークなキャラクターは各関係者やリスナーからの評価が高い。
近年は自身のルーツであるダンスホール・スタイルと並行し、ラヴァーズ・ロック・アプローチの楽曲にも力を入れている。初のラヴァーズ・ロック作品としてリリースされた7インチ・シングル『Sha La La(2017)』を聴いてわかるように、まるで70年代から80年代頃のUK ラヴァーズ・ロックを彷彿とさせる、そのピュアな歌声は今の日本のレゲエ・シーンでも唯一無二の存在である。今後のクロスオーバーな活動に期待したい。

Deep interest in Dancehall Classics from early age, Frankie Paris was determined to start her singing career in Reggae field. After while, she realized that she was particularly fascinated by British Reggae and due to this, she is strongly influenced by UK style where they respect old cultures and adjust to new fashion. As you can notice from her singing style and appearance, she receives her reputation from her unique features of unconventional style and ability to sing any genre.
Recently Frankie Paris is working on to go deeper in Lovers Rock field, as well as remaining in Dancehall field at the same time. Her 1st Lovers Rock song "Sha La La" released in 2017 was well received. Her pure voice reminds us original old school UK Lovers Rock and you can barely find such voice in Japan. She is absolutely one and only.